iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

LINEツムツムのアプリアイコンが消えた時の対処法

Photo:Balls By:north93
Photo:Balls By north93

 

ホーム画面を見ると、あるはずの『ディズニーツムツム』がなくなっていることがあります。

考えられる原因はいくつかありますので、1つずつ確認していきましょう。

ここでは『ツムツムのアプリアイコンが消えた時の対処法』について紹介します。

スポンサードリンク

まずはともあれ”再起動”

ほとんどの不具合は、iPhoneの再起動を行なうと改善されますので、まずは試してみましょう。

『電源ボタン』を長押しする

スライダーを右にスワイプする

(数秒後に電源が切れる)

再度『電源ボタン』を長押しする

Appleロゴが表示されたら指を離す

(数秒後に起動します)

 

レイアウトをリセットする

ホーム画面のレイアウトをリセットすると表示されることがあります。

※リセットするとフォルダでまとめているアプリを含め、すべてのアプリが名前順に戻ります。

『設定アプリ』を起動する

『一般』を選択する

『リセット』を選択する

『ホーム画面のレイアウトをリセット』を選択する

『ホーム画面をリセット』を選択する

 

対象年齢レートを確認する

過去にアプリのアップデートにより対象年齢レートが変更されたことがあります。

お持ちのiPhoneで年齢制限を設定している場合、許可されていないアプリのアイコンは表示されません。

 

AppStoreのアプリ説明欄で確認してみましょう。

※詳細タブの『情報』内にある評価の項目を見ると、「以下の理由により12+のレーティングがついています」といった形で表示されています。

スポンサードリンク

対象年齢制限を解除する手順

『設定アプリ』を起動する

『一般』を選択する

『機能制限』を選択する

機能制限用パスコードを入力する

コンテンツの許可の項目にある『App』を選択する

『すべてのAppを許可』をタップする

※もしご自身で「機能制限」を設定したことがないという場合は、親が設定している可能性があります。

機能制限用パスコードが分からなければ設定変更する手段がありませんので、親に相談して解除してもらいましょう。

 

ひとこと

今回は『ツムツムのアプリアイコンが消えた時の対処法』について紹介しました。

  • iPhoneの再起動
  • レイアウトのリセット
  • 対象年齢制限解除

を試してみて改善されない場合は、バックアップから復元してみましょう。

 

LEAVE A REPLY

Return Top