iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhoneのメッセージアプリが起動しないときの対処法

Photo:Message in a bottle By:Moyan_Brenn

iPhoneのメッセージアプリを開こうとすると、
画面が真っ黒になったりして起動しなくなることがあります。

まぁ最近はコミュニケーションのほとんどを『LINE』などの
SNSアプリで行なっている方が多いと思いますが・・・。

 

ここでは『iPhoneのメッセージアプリが起動しないときの対処法』について紹介します。

Photo:Message in a bottle By Moyan_Brenn

 

 

起動しない原因は?

もちろんiPhoneの動作が不安定になっていてメッセージアプリが
起動しないという可能性もありますが、データ容量の大きいファイルを
添付したメッセージを受信した場合にも起こることがあるようです。

その届いたメッセージを開いたときに処理が追いつかず
メッセージアプリがフリーズしてしまいます。

とくにメッセージアプリは他アプリとは違いマルチタスクから
完全終了させても以前の状態を記憶しているようで、
一度問題のメッセージを開いてしまうとその後は起動するたびに落ちます。

 

LINEアプリにはトーク履歴のバックアップのために、テキスト形式の
ファイルにしてメール送信する便利な機能が備わっています。

トーク履歴は容量が大きくなることが多いので、メッセージアプリで
開こうとして起動しなくなるというケースが多いようです。

 

考えられる解決策は?

データ容量の大きいメッセージを開いたことが原因である場合は、
下記の方法で該当メッセージを削除しましょう。

  • 『連絡先アプリ』から削除
  • 『設定アプリ』から削除

 

 

『連絡先アプリ』から削除

『連絡先アプリ』を起動する

連絡先一覧から誰でもいいので選択する

『メッセージ』をタップする

(メッセジアプリの新規作成画面に切り替わる)

『キャンセル』をタップする

(受信メッセージ一覧が表示される)

原因になっているメッセージを左にスライドする

『削除』をタップする

 

『設定アプリ』から削除

『設定アプリ』を起動する

『メッセージ』をタップする

『メッセージを残す』をタップする

『30日間』をタップする

『削除』をタップする

これで問題のメッセージ受信から30日が経過すると自動的に削除されます。

 

ひとこと

今回は『iPhoneのメッセージアプリが起動しないときの対処法』について紹介しました。

連絡先アプリから削除する方法が使えればすぐ解決できるのですが、
場合によってはメッセージアプリに切り替わる時点で落ちてしまうことがあります。

その場合は仕方がないので、設定アプリから削除する方法を行ない30日間待ちましょう。

 

LEAVE A REPLY

Return Top