iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone、ホームボタンがダブルクリックできない時の対処法

Photo:house By:voca dave
Photo:house By voca dave

 

iPhoneの下部中心にあるホームボタンは、iPhoneの数少ないボタンの中でも一番使用頻度が高いボタンではないでしょうか。

アプリを終了させる時、またはホーム画面に戻るときなど、ホームボタンという名の通り、iPhoneにとっては欠かせないボタンの一つになってます。

 

しかし、ホームボタンのダブルクリックができなくて困った事はないでしょうか?

今回は『iPhone、ホームボタンがダブルクリックできない時の原因&対処法』について紹介していきます。

スポンサードリンク

考えられる解決法は?

ホームボタンのダブルクリックができないときの原因&解決法はいくつかあります。

  • ホームボタンの物理的な故障
  • ホームボタンのクリック間隔

ホームボタンの物理的な故障

ホームボタンは、iPhoneでも特に使用頻度が高い部分。

その為に劣化する速度も他に比べて早いです。

もしかしたら、ボタンそのものが劣化することにより、ホームボタンが効きづらく、または効かないようになってしまったのかもしれません。

故障であれば、すぐに修理をしたほうがいいでしょう。

 

またホームボタンが効きづらくなった人のみ、解決方法が他にもあります。

それはアクセシビリティ機能のAssistive Touchを使うことです。

この機能はホームボタンを押すことなく、様々な機能を使う事ができる「仮想のホームボタン」を作ることができます。

『設定アプリ』を起動する

『一般』をタップする

『アクセシビリティ』をタップする

『AssistiveTouch』をタップする

『AssistiveTouch』をオンにする

 

すると画面上に灰色のアイコンが出現します。

この灰色のアイコンをタップしてあげることによって、ホームボタンを押すことなく様々な機能を使う事が出来ます。

スポンサードリンク

ホームボタンのクリック間隔

もしかするとダブルクリックする際のクリックの間隔が早すぎたり遅すぎたりするために、ダブルクリックと認識されていないのかもしれません。

その適切なクリック間隔を確認する方法がありますので紹介します。

『設定アプリ』を起動する

『一般』をタップする

『アクセシビリティ』をタップする

『ホームボタン』をタップする

お好みの間隔にチェックを入れる

『デフォルト』『遅く』『最も遅く』の3段階から選択して下さい。

するとバイブレーションにてダブルクリックの間隔が確認できますので、その感覚を体に染み込ませていきましょう。

 

ひとこと

今回は『iPhone、ホームボタンがダブルクリックできない時の原因&対処法』について紹介しました。

ホームボタンはiPhoneボタンの中でも特別なものです。

もしも故障してしまった時はAssistive Touchにて代用ができると紹介しましたが、それもその場しのぎでしかありません。

故障してしまった時の一番の解決策は修理に出すことです、一番使用するボタンだからこそ何かあったらすぐに対策していきたいですね。

 

LEAVE A REPLY

Return Top