iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone版Clipbox、パソコンにバックアップ保存する方法

Photo:Backup By:Son of Groucho

iPhone版Clipbox(クリップボックス)を使ってダウンロードした動画や音楽ファイルはiTunesやiCloudでの自動バックアップに対応していません。

そのままではiPhoneの調子が悪くてバックアップから復元する場合や機種変更時データ移行する場合に、アプリ内で保存したデータの入っていない空の状態のアプリが復元されます。

 

通常のバックアップとは別にClipbox内のデータをパソコンにバックアップしておきましょう。

ここでは『iPhone版Clipbox、パソコンにバックアップ保存する方法』について紹介します。

Photo:Backup By Son of Groucho

スポンサードリンク

Clipbox内データのバックアップ手順

iPhoneとパソコンを付属ケーブルで接続する

パソコン上でiTunesを起動する

左上にある『デバイスアイコン』をクリックする

メニューから『App』を選択する

画面下部”ファイル共有”にある『Clipbox』を選択する

保存したいデータ名をクリックする(複数選択可)

右下の『保存先』をクリックする

保存先を選択後『OK(または保存先)』をクリックする

これでパソコン内へバックアップ完了です。

スポンサードリンク

Clipbox内データをバックアップから復元する

iPhoneとパソコンを付属ケーブルで接続する

パソコン上でiTunesを起動する

左上にある『デバイスアイコン』をクリックする

メニューから『App』を選択する

画面下部”ファイル共有”にある『Clipbox』を選択する

『追加...』をクリックする

復元したいデータファイル選択後『追加』をクリックする

パソコンのiTunesに表示されている一覧に追加されているとともに、iPhoneのClipbox内にも追加されています。

 

ひとこと

今回は『iPhone版Clipbox、パソコンにバックアップ保存する方法』について紹介しました。

ネット上に存在するデータならバックアップを取っていなくても再度ダウンロードすることもできますが、場合によってはすでに削除されているものも存在します。

いざという時のために、せめて月1回程度はバックアップしておきましょう。

 

コメント0件

LEAVE A REPLY

Return Top