iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone、カメラ&写真にあるHDRとは?2枚残したくない時は

Photo:Cameras and Watches By:kodomut
Photo:Cameras and Watches By kodomut

HDRって何?

iPhoneで写真を撮影している時に画面の上に「HDR」と表示されます。

HDRとはハイダイナミックレンジ合成の略で、つまり複数の写真を合成して肉眼で見た風景に近づける機能です。

iPhoneのカメラでHDRを使用して写真を撮影すると1回のシャッターを押すだけで3つの露出の違う(明るさの違う)写真を連写し、合成してくれて明暗のちょうど良い肉眼で見た風景により近い写真を撮影してくれます。

HDR撮影専用のカメラアプリも出ているほど便利な機能が、iPhoneのカメラには元々備わっているということですね。

 

初期設定では「自動」に設定されており、そのままでは撮影時にHDRが働かないことがありますが、常時有効にすることも可能です。

『カメラアプリ』を起動する

上部の『HDR』をタップ
(iPhoneを横に持った場合はサイド)

『オン』をタップする

これでHDRが常にオンになります。

 スポンサードリンク

HDRのメリット&デメリット

通常モードで撮影すると、撮りたい風景が明るすぎると撮った写真が白っぽくなってしまったり、暗い風景を撮影すると撮った写真が黒く色が潰れたようになってしまいます。

このHDR機能を使えばそのような失敗を防いでくれて、通常はうまく撮影できない夜景のイルミネーションや屋外での逆光、日差しの強い場合の撮影にとても役に立ちます。

 

ズームしての撮影でもHDRは有効です。

しかし3枚の写真を一瞬で連写するので被写体が動いているとブレてしまうので動物やスポーツの撮影にはあまり向いていません。

また、撮影して合成するのでバースト撮影(連写)と同時に使用できません。

 スポンサードリンク

2枚保存されるのが嫌な場合は

HDRを使って撮影すると、HDR撮影の写真と通常モードの写真の2枚がカメラロールに残るので後で比較して気に入った方だけを残すことも両方残すこともできます。

ちなみに左上に「HDR」と表示されている写真は、HDRで撮影した写真という意味です。

本体の容量を少しでも空けておきたい、自動で綺麗な写真を写すなら元々の画像は保存しなくても良いという場合は設定をしておくとHDR撮影の写真だけを本体に保存することができます。

『設定アプリ』を開く

『写真とカメラ』をタップ

『通常の写真を残す』をオフにする

 

ひとこと

iPhoneのカメラは手軽でデジカメ並みに高性能なので旅行や結婚式、街で気になったもの撮影するのに大活躍します。

顔検出機能もついていますし、HDRを使えば風景も人物もiPhoneが自動で綺麗な写真を撮影してくれるのでお勧めの機能です。

2枚残す設定だと撮影した写真が『マイフォトストリーム』というiCloudで写真を共有出来る場所に2枚同時に保存されてしまいます。マイフォトストリームの中には保存できる枚数の上限が1000枚と決まっているので注意しましょう。

 

LEAVE A REPLY

Return Top