iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone、アップデート後アプリを起動できないときの対処法

Photo:Armenian Car By:mripp
Photo:Armenian Car By mripp

普段iPhoneで問題なく使っているアプリでも、
アップデートした途端に起動できなくなることがあります。

ここでは『アップデート後アプリを起動できないときの対処法』について説明していきます。

 

アップデートが原因で起動できないときは?

新バージョンのアプリにアップデートしたことが原因で不具合が発生した場合には
前バージョンにダウングレードして解決したいところですが・・・。

パソコン上のiTunesに旧バージョンのアプリデータが残っていれば
アップデート前の状態に戻すことが可能です。

パソコンと同期したことのある方はアプリのバージョンを確認してみましょう。

 

 

アプリのバージョンを確認する(iPhone)

『設定アプリ』を起動する

『一般』をタップする

『使用状況』をタップする

”ストレージ”項目にある『ストレージを管理』をタップする

確認したいアプリを選択する

(アプリ名の下にバージョンが表示される)

 

アプリのバージョンを確認する(パソコン)

パソコンから『iTunes』を起動する

左上にある『・・・』をクリック

(プルダウンメニューが表示される)

『App』を選択する

画面上部の中央にある『マイApp』を選択する

確認したいアプリのアイコンを右クリックする

『情報を見る』をクリックする

(詳細にバージョンが表示される)

 

アプリを前バージョンに戻す

それぞれのアプリバージョンを確認してパソコン上のiTunesが
前バージョンだった場合は下記手順で復元しましょう。

まずはアップデートしたアプリをiPhoneから削除します。

ホーム画面でアプリアイコンを長押しする

該当アプリの『×マーク』をタップする

『削除』をタップする

 

次にパソコンに残っているアプリデータを復元します。

iPhoneとパソコンを付属ケーブルで接続する

パソコンから『iTunes』を起動する

左上にある『・・・』をクリック

(プルダウンメニューが表示される)

『App』を選択する

画面上部の中央にある『マイApp』を選択する

復元したいアプリをドラッグする

(画面の左側にiPhoneアイコンが表示される)

iPhoneアイコンにドロップする

(iPhone上に旧バージョンのアプリが復元されます)

 

 

パソコン上のiTunesでも新バージョンになっていた場合

パソコン内のアプリバージョンがiPhoneのものと同じだった場合は、
パソコンのゴミ箱を確認してみてください。

じつはパソコンのiTunesではアプリのアップデートが行われる際、
旧バージョンのアプリデータがゴミ箱に入ります。

アップデート後にゴミ箱を空にしていなければアプリデータが残っている可能性があります。

アプリ名で『.ipa』の拡張子が付いたファイルが該当ファイルになりますので、
アプリ名の後ろのバージョンを確認してください。

 

ゴミ箱に旧バージョンのアプリデータが存在していたら、
まずは下記手順でパソコン内のアプリデータを戻しましょう。

ゴミ箱に残った旧アプリのデータファイルをドラッグする

デスクトップにドロップする

データファイルをダブルクリックして開く

(確認ダイアログが表示される)

『置換』を選択する

 

あとは先ほど『アプリを前バージョンに戻す』の項目で説明した手順で、
パソコンからiPhoneにアプリデータを移動すれば完了です。

 

LEAVE A REPLY

Return Top