iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone、アプリを以前のバージョンに戻す方法

Photo:Looking into the past: Bug Light By:Corey Templeton
Photo:Looking into the past: Bug Light By Corey Templeton

 

iPhoneのアプリを新しいバージョンにアップデートすることはよくあると思います。

なかには以前のほうが使いやすかったり、
アップデートした途端に起動できなくなったりすることがあります。

しかしパソコン上のiTunesに古いバージョンのアプリデータが残っていれば、
元に戻すことは可能です。

 

ここでは『iPhone、アプリを以前のバージョンに戻す方法』について紹介していきます。

 

 

アプリのバージョンを確認する

まずはiPhone本体とパソコン上のiTunesにあるアプリデータの
バージョンをそれぞれチェックしてみましょう。

iPhone本体でのアプリ確認方法

『設定アプリ』を起動する

『一般』をタップする

『使用状況』をタップする

”ストレージ”の項目にある
『ストレージを管理』をタップする

確認したいアプリを選択する

(バージョンが表示されている)

 

パソコン上のiTunesでのアプリ確認方法

パソコンでiTunesを起動する

左上にある『・・・』をクリックする

(プルダウンメニューが現れる)

『App』をクリックする

『マイApp』を選択する

確認したいアプリを右クリック

『情報を見る』をクリックする

(”詳細”の項目にバージョンが表示される)

 

それぞれのアプリデータのバージョンを確認して同じものであるかどうかで復元方法が変わります。

 

アプリを以前のバージョンに戻す

まずはiPhone本体にあるアップデートしたアプリを削除します。

ホーム画面で『アプリアイコン』を長押しする

該当アプリアイコンの『×マーク』をタップする

『削除』をタップする

 

※今回の方法ではアプリを一旦アンインストールするため、
アプリ内データがサーバーに保存されないアプリの場合はデータが消えるので注意してください。

アプリ内データは消えるわ、以前のバージョンに戻せないわ、ということにならないように
アプリ削除する前に必ずiTunesにアプリデータが残っているか確認してください。

 

バージョンが違っていた場合

iPhoneとパソコンを付属ケーブルで接続する

パソコンでiTunesを起動する

左上にある『・・・』をクリックする

(プルダウンメニューが現れる)

『App』をクリックする

『マイApp』を選択する

(パソコン上で)復元したい
アプリアイコンをドラッグする

(左側にiPhoneの名前が表示される)

iPhoneの名前に重ねてドロップする

(iPhoneに以前のバージョンのアプリが
インストールされる)

 

バージョンが同じだった場合

iPhoneを同期した、あるいはパソコン上のiTunesから『Appをアップデート』を
行なったときに、古いバージョンのアプリデータは一旦パソコンの『ゴミ箱』に移動します。

ゴミ箱の中をチェックしてアプリ名の入った”.ipa”の拡張子のファイルがあるか確認して下さい。

例)『twitter 6.30.ipa』(アプリ名+バージョン.ipa)

 

希望のバージョンのデータがある場合は復元しましょう。

該当アプリを一旦、
デスクトップなどに移動させる

アプリファイルをダブルクリックする

(『新しいバージョンの App“〇〇”が
すでに iTunes ライブラリにあります。
現在移動中の項目で置き換えてもよろしいですか?』
と表示される)

『置換』をクリックする

(パソコン上のiTunesにあるアプリデータが
旧バージョンに書き換えられる)

あとは先ほどと同じ手順でiPhone本体に反映させれば完了です。

 

 

ひとこと

今回は『iPhone、アプリを以前のバージョンに戻す方法』について説明しました。

旧バージョンのアプリデータがiTunesに残っていなければ戻すことができませんが、
アップデート直後でしたらデータがまだある可能性が高いですよね。

いつでも戻せるようアップデートしたときに旧データを保存しておくことをおすすめします。

 

※ちなみにゴミ箱にあるときと同様、iTunesのアプリアイコンをデスクトップに
ドラッグ&ドロップすればデータを保存することが可能です。

 

LEAVE A REPLY

Return Top