iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone、Safariのキャッシュとは?削除する方法

Photo:Save By:Images_of_Money

Safariのキャッシュとは?

iPhoneのキャッシュとはSafariでインターネットを見た時に画像などの画面情報を一時的に保存しておく機能のことです。「一時ファイル」と呼ばれたりします。なぜサイトの情報を保存するのかというと、画像ファイルやサイトの構成を一時的に保存しておくことで次に同じサイトを見た時に表示をスムーズにできるように保存しておくのです。もしキャッシュを保存する機能がないと頻繁に見るサイトで毎回読み込みに時間がかかったりその都度通信料がかかったりすることがあります。

Photo:Save By Images_of_Money

スポンサードリンク

Safariのキャッシュを削除する方法

iPhoneでネットを見る際に知らない間に快適に表示させたり、面倒なログインを省いて便利にしてくれるキャッシュですが、本体のメモリに情報を保存するので毎日ネットをたくさん見ているとキャッシュがたくさん溜まってしまいiPhoneの動きが遅くなったりSafariの起動や読み込みが遅くなることがあります。

iPhoneの動きが鈍いと感じたり、本体のメモリ容量を少しでも増やしたいと思ったら溜まったキャッシュを削除すると改善される場合があります。

 

削除方法は、

『設定アプリ』を開く

『Safari』をタップする

『履歴とWebサイトデータを消去』をタップ
(青文字で表示されています)

『履歴とデータを消去』をタップする

 

キャッシュを削除したら何が消えるの?

Safariの溜まったキャッシュを削除すると、保存されていた履歴のデータ、ログイン情報も全て消去されるためもう一度ログインが必要です。

ユーザーIDやパスワードを自動保存しているサイトも再設定しないといけなくなります。

 

さらに注意が必要なのはソフトバンクのiPhoneを使用している人です。キャッシュやクッキーを削除するとソフトバンクのwifiスポットに繋がらなくなり、再設定が必要となります。

その反面、自分のログイン情報を消去することができるので誰かにiPhoneを貸したり使用されても自分のアカウントを知られない利点もあります。

スポンサードリンク

ひとこと

実はSafariだけでなく他のアプリでもキャッシュは溜まります。

普段使用しないアプリでも以前のキャッシュデータが残っていて本体の容量を圧迫していることもあるので定期的にiPhoneの中の見えないゴミを大掃除をするのもオススメです。

アプリを使用中に突然落ちてしまったり動作がおかしいなと感じたらアプリのキャッシュを消すだけでも改善することもあります。

さらにキャッシュを消した後に本体を再起動させると本体がリフレッシュされ動作が軽く感じるので定期的に実施しましょう。

 

Return Top