iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhoneでAppStoreアイコンが無くなったときの対処法

Photo:Blackbird By:thorinside
Photo:Blackbird By thorinside

 

iPhoneを使っていると、たまにホーム画面にあるはずのApp Storeのアイコンが無くなることがあります。

普通ならアインインストールできるはずのないApp Storeが消えてしまうとはどういうことなんでしょうか・・・。

ここでは『iPhoneでAppStoreアイコンが無くなったときの対処法』について説明していきます。

 

 

 

機能制限を確認する

iPhoneには設定アプリ内に「機能制限(ペアレンタルコントロール)」の項目があります。

「機能制限」とは、safariやカメラなど一部のアプリを利用できなくしたり、

プライバシーに関わる設定変更を第三者ができないようにするためのものです。

 

その中にApp Storeも含まれていますので、まずは確認してみましょう。

『設定アプリ』を起動する

『一般』をタップする

『機能制限』をタップする

機能制限用パスコードを入力する

『インストール』がオフになっていたら、
オン(許可)にしてください

 

※『機能制限』をタップした時にパスコード入力画面にならない場合、
機能制限が有効になっていないことになります。

次の項目(iPhoneに再起動を行なう)を試してみてください。

 

 

 

iPhoneに再起動を行なう

機能制限を設定していないのにApp Storeのアイコンが無くなっている場合は、
iPhoneを再起動すると改善されることがあります。

『電源ボタン』を長押しする

スライダーを右にスライドする

(数秒後にiPhoneの電源が切れます)

Appleロゴが画面中央に表示されるまで、
再度『電源ボタン』を長押しする

(iPhoneが起動します)

 

ひとこと

今回は『iPhoneでAppStoreアイコンが無くなったときの対処法』について説明しました。

 

意図せず、関係のないフォルダ内にApp Storeが移動している可能性もあります。

アイコンがiPhoneの再起動でも現れなかった場合は、Spotlight検索で『App Store』と検索してみてください。

ヒットすれば右側にフォルダ名が表示されているので、場所を特定することができます。

 

LEAVE A REPLY

Return Top