iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone版LINEがアップデートできない時の原因&対処法

Photo:Lego Evolution By:Wesley Fryer

iPhoneで配信されているアプリには、アプリ自体に様々な要素を追加したり、バグを解消したり、アプリの改善化を行うために不定期なアップデートを行っています。

もちろんLINEアプリもインターフェイスが変わったり、LINE MUSICが追加されるなど、何度もアップデートを繰り返してきて使いやすく進化してきました。

しかし、LINEのアップデートがうまくできなくて困っているユーザーもたくさんいらっしゃるようです。

今回は『iPhone版LINEがアップデートできない時の原因&対処法』について紹介していきます。

Photo:Lego Evolution By Wesley Fryer

スポンサードリンク

考えられる解決法は?

  • 電波状況の確認
  • LINEを一度アンインストール
  • iPhoneの再起動

 

電波状況の確認

ものすごく基本的なことなのですが、アップデートをする際にはiPhoneが通信できる状態である必要があります。

そのため今一度通信状態の確認をしましょう。

iPhoneの『設定アプリ』を開く→『モバイルデータ通信』をタップ→モバイルデータ通信がオンになっているか確認をする。

Wi-Fi環境で利用しているのであれば、『設定アプリ』→『Wi-Fi』→Wi-Fi通信がオンになっているか確認する。

またはコントロールセンターから「機内モード」がオンになっていないか確認する。
機内モードがオンになっている場合、すべての通信を行うことができなくなります。

 

LINEを一度アンインストール

もしもアップデートできない場合、LINEを一度アンインストールしてダウンロードするという方法があります。

これはLINEのアップデートという形ではなく、直接最新バージョンのLINEをダウンロードするという方法になります。

もちろんのことながらLINEを一度アンインストールするということはトークの履歴がすべて削除されますが、トークのバックアップをすることでトークの履歴は引き継ぐことができますのでご安心ください。

 

【トーク履歴のバックアップ手順】

トークのバックアップを行うにはiCloudを使用しますので、まずはiCloudの設定をしましょう。

iPhone本体の『設定アプリ』を開く

『iCloud』をタップする

『iCloud』をオンにする

 

その後、LINEアプリ内にて、バックアップを行います。

『LINEアプリ』を起動

右下の『・・・』をタップする

右上の『設定(歯車)』をタップする

『トーク・通話』をタップする

『トークのバックアップ』をタップする

『今すぐバックアップ』をタップする

(バックアップ完了と表示され、”前回のバックアップ”に現在の時刻が更新される)


バックアップが完了したら、LINEアプリをアンインストールし、再度AppStoreからインストールを行いましょう。

スポンサードリンク

ひとこと

今回は『iPhone版LINEがアップデートできない時の原因&対処法』について紹介しました。

上記の方法でアップデートできない場合には、LINEやiPhoneを再起動することで出来るようになることがありますので試してみましょう。

【iPhoneの再起動手順】

『電源ボタン』を長押しする

『スライドで電源オフ』の部分を
右に向かってスライドさせる

(数秒後にiPhoneの電源が落ちます)

再度『電源ボタン』を長押しする

(Appleロゴ表示後、iPhoneが起動する)

 

Return Top