iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone版LINEアプリが開かないときの対処法

Photo:Back Door - The Alamo By:Len Radin
Photo:Back Door - The Alamo By Len Radin

 

ほぼ毎月アップデートが発表されるiPhone版LINEアプリですが、
度々アップデートすると立ち上がらない・開かなくなったといった不具合報告があがります。

最近では友人や仕事仲間とのやり取りに、メールではなくLINEアプリを
利用している方がほとんどなので非常に困りますよね。

ここでは『iPhone版LINEアプリが開かないときの対処法』について紹介します。

 

スポンサードリンク

考えられる解決法は?

考えられる解決法はいくつかあります。

何が原因で発生しているのか特定するのは困難なので、順番に試してみてください。

  • AppStoreを確認する
  • アプリを完全に終了させる
  • iPhoneの再起動

 

AppStoreを確認する

AppStoreでLINEアプリをアップデートした際に、正常に完了していない場合があります。

ほとんど発生しない症状なのですが、簡単に調べられますのでとりあえず確認してみましょう。

 

『App Storeアプリ』を起動する

下部のタブから『アップデート』をタップする

(LINEアプリの右側にあるボタンが『開く』となっているか確認)

『アップデート』になっていたら、タップしてもう一度アップデートを行なう

 

アプリを完全に終了させる

アイフォンではホームボタンを1回押してアプリを終了させる事ができますが、
それだけでは完全に終了した状態になっていません。

アプリを次回起動させたときに素早く立ち上がるように、
終了時の状態を記憶しています。

今までにアプリをたくさん起動していて完全終了していない場合、
それが原因で不安定になっている可能性があります。

下記手順に従いすべてのアプリを完全終了させてからLINEアプリを起動してみましょう。

 

ホームボタンを素早く2回押して、マルチタスク画面を呼び出す

(画面中央に現在起動しているアプリが横並びに表示されている)

起動アプリの画面部分を上にスワイプする

すべてのアプリを放り投げましょう

スポンサードリンク

連絡先へのアクセスを非許可にする

過去のバージョンで発生したことのある不具合に対する対処法です。

ひょっとしたら効果があるかもしれませんので、下記手順を試してみましょう。

『設定アプリ』を起動する

『プライバシー』をタップする

『連絡先』をタップする

『LINE』をオフにする

 

iPhoneの再起動

とにかくiPhoneの動作に関する不具合のほとんどが、
iPhoneの再起動を行なうことで改善できます。

下記手順を参考にiPhoneの再起動を試してみましょう。

 

『スリープ/スリープ解除ボタン』を長押しする

(画面にスライダーが表示される)

『スライダー』を右にスライドさせる

(数秒後にiPhoneの電源が落ちる)

再度『スリープ/スリープ解除ボタン』を長押しする

(Appleロゴが表示されiPhoneが起動する)

 

ひとこと

今回は『iPhone版LINEアプリが開かないときの対処法』について紹介しました。

これでも改善できない場合は、LINEアプリ自体の不具合の可能性もあります。

そうなるとLINE運営者側がバグ修正を含むアップデートをリリースまで我慢する必要があります。

 

PCのiTunesに同期したことがあれば、旧バージョンのLINEアプリのデータが残っているかもしれません。

アプリを旧バージョンに戻す方法は、またの機会に紹介したいと思います。

 

コメント3件

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. LINE起動しない。タップしてもパスワード画面にならない。2回ボタン押して履歴を見るとパスワード画面が出てくるが、番号を入れられない。画面をさわっても反応しない。電源オフ再起動でも駄目。

  2. LINEの画面が起動しない。パスワード画面を設定してるが、コードが打てない。

  3. lineが開けない、メールをあけられない

LEAVE A REPLY

Return Top