iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone版LINE、エラーで通話(電話)できない時の対処法

Photo:Call me By:art_you

LINEアプリにはLINE通話という通信費のみで相手と会話できる機能が存在します。

これを利用する事で誰とでも通話料金や、時間を気にすることなく話す事が出来ます。

よく友達や彼女と電話する人にとっては素晴らしいサービスですよね。

 

しかしエラーで通話(電話)できなくて困った事はありませんか?

今回は『iPhone版LINE、エラーで通話(電話)できない時の対処法』について紹介していきます。

Photo:Call me By art_you

スポンサードリンク

考えられる原因&解決法は?

  • 友達同士でなければできない
  • ブロックリストに登録されている、している
  • 通話設定を確認
  • LINEのバージョンの確認

友達同士でなければできない

もしかすると、あなただけが友達登録していて相手がしていない可能性があります。

LINE通話を利用するにはお互い友達同士という条件があります。

もし、あなただけが登録している可能性があるのならば、相手に確認して下さい。

 

ブロックリストに登録されている、している

相手のブロックリストにあなたが登録されている場合には、その人とLINE通話をすることはできません。

このようなことは普通であれば考えにくいので、もし絶対にブロックされるような相手ではないと確信できるようであれば、直接相手に確認するのもいいかもしれません。相手がちょっとした操作ミスでブロックしてしまった可能性もあります。

 

またあなたがブロックリストに登録している場合も、その相手とはLINE通話をすることができません。

故意でブロックしてあるのならばいいですが、間違ってブロックした場合の解除の方法を説明しておきます。

「設定」→「友達」→「ブロックリスト」と進んでいくとブロックリストの一覧が表示されますので、そこからブロック解除を選択しましょう。

スポンサードリンク

通話設定を確認

一度通話の設定を確認しましょう。

「設定」→「トーク・通話」→「通話の着信許可」がオフになっていませんか?

ここがオフになっていたらLINE通話をすることができませんので、オンにしてあげましょう。

 

LINEのバージョンの確認

LINEのバージョンがお互いに最新のものでないとLINE通話をすることが出来ませんので注意が必要です。

「設定」→「LINEについて」と進むと一番上に「現在のバージョン」「最新バージョン」という項目がありますので、そこで確認するようにしてください。

 

またあなたのLINEが最新であっても、通話相手が古いバージョンだったらLINE通話できないことがありますので、そういった場合には相手に教えてあげるようにしましょう。

 

ひとこと

今回は『iPhone版LINE、エラーで通話(電話)できない時の対処法』について紹介しました。

iPhoneを再起動することで改善できる可能性もありますので、合わせて覚えておきましょう。

【iPhoneの再起動手順】

『電源ボタン』を長押しする

『スライドで電源オフ』の部分を
右に向かってスライドさせる

(数秒後にiPhoneの電源が落ちます)

再度『電源ボタン』を長押しする

(Appleロゴ表示後、iPhoneが起動する)

 

Return Top