iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone版LINEでブロックや非表示にできない時の対処法

Photo:bulldog By:satguru

LINEを利用していて、あまり連絡を取りたくない友達やスタンプ欲しさに友達登録した企業などからのメッセージが煩わしく感じた事はありませんか。

そういう時はブロックしますよね。

友達をブロックするのも少し気が引ける場合には非表示にしたりすることもあると思います。

 

しかしそのブロックや非表示がうまくいかなくて困った事はありませんか。

今回は『iPhone版LINEでブロックや非表示にできない時の対処法』について説明していきます。

Photo:bulldog By satguru

スポンサードリンク

考えられる解決法は?

LINEでブロックや非表示にできない時の原因として「特殊記号を使っている」というものがあります。

今回はその説明をしていきましょう。

 

特殊記号を使っている

あなたの友達リストの中に名前の部分に特殊記号を使っている人はいませんか。

特殊記号というのは「ハート、ほし、三角形」などの記号のことを言います。

この記号を使っているとLINEのバグによってブロックや非表示に出来ないようです。

そしてこれは前からあるバグのようなもので今のところ対処法はないようなので、名前に特殊記号が入っている人はブロックや非表示するのをあきらめた方がいいようです。

いつかLINEのアップデートでこのバグが改善されればいいのですが・・・。

スポンサードリンク

それでも諦めきれない場合

特殊記号を使っている為ブロック非表示できないが、どうしてもその人からのメッセージを受け取りたくないという方は、その人からの通知をオフにするしか方法がありません。

通知をオフにする方法は

まずは通知を受け取りたくない人とのトークルームを開きます

トークルーム右上の「∨マーク」をタップ

「通知ボタン」をタップして通知OFFにします

名前の右側にスピーカーに斜め線が入っているアイコンがついていればオフになっています。

この方法では通知がこないだけで、メッセージはトークルーム内にたまっていきますので注意してください。

 

ひとこと

今回は『iPhone版LINEでブロックや非表示にできない時の対処法』について紹介しました。

 

Return Top