iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhoneを充電しても100%にならない時の対処法

Photo:100 By:ABC Open Wide Bay
Photo:100 By ABC Open Wide Bay

 

iPhoneをいつものように充電してみると、
バッテリー残量が特定の数字から上がらなくなることがあります。

夜、寝ているときケーブルに挿しっぱなしにしていても100%まで充電できなくなるんですが、
じつは簡単な方法で直る可能性があります。

 

ここでは『iPhoneを充電しても100%にならない時の対処法』について説明していきます。

 

最大まで充電できない原因は?

残念ながら、バッテリー残量の表示がおかしくなる原因を特定することはできません。

なにか決まった操作を行なったときに発生するわけではなく、
ある日突然なんの前触れもなく起こる可能性があるためです。

ですので、あらかじめ対策することはできません。

発生した場合には、下記の方法で元に戻しましょう。

 

 

100%表示にならない時の対処法

 iPhoneの再起動を行なうと、改善されることがあります。

『電源ボタン』を長押しする

スライダーを右にスライドする

(数秒後にiPhoneの電源が落ちます)

Appleロゴが表示されるまで、再度『電源ボタン』を長押しする

(数秒後にiPhoneが起動します)

 

※電源ボタンを押し画面に何も表示されていない状態にしただけで、
電源OFFになったと勘違いしている方も多いようですが、
それだけではスリープ状態になっているだけですので注意してください。

 

 

ひとこと

今回は『iPhoneを充電しても100%にならない時の対処法』について紹介しました。

iPhoneの再起動は、バッテリー残量の表示以外にアプリアイコンがなくなった場合やiPhoneの動作が不安定な場合にも有効です。

『困ったときは再起動』と覚えておきましょう!

 

LEAVE A REPLY

Return Top