iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone【iOS9】、横画面で固定できないときの対処法

Photo:Hands on, Kelly's, Chennai By:Ravages
Photo:Hands on, Kelly's, Chennai By Ravages

 

iOS8以前のiPhoneでは”AssistiveTouch”の機能を利用すれば横画面で固定することができましたが、iOS9にアップデートすると画面の向きを固定した状態で横画面にすることができなくなってしまいました。

しかし別の機能を利用すれば、iOS9のiPhoneでも横画面で固定することが可能です。

 

ここでは『iPhone【iOS9】、横画面で固定できないときの対処法』について説明していきます。

 

 

iOS9で横画面固定するには

iOS9にアップデートしたiPhoneで横向き固定するには、”アクセスガイド”の機能を利用しましょう。

1.まずは設定アプリから事前準備を行なう

『設定アプリ』を起動する

『一般』をタップする

『アクセシビリティ』をタップする

『アクセスガイド』をタップする

『アクセスガイド』をオンにする

『パスコード設定』をタップする

『アクセスガイドのパスコードを設定』をタップ

『パスコード』を設定する
(簡単な数字で設定しておきましょう)

 

 

2.次に画面の向き固定を解除する

画面下端から上にスワイプする

(コントロールセンターが現れる)

右端の『ロックアイコン』をオンにする

 

3.アクセスガイドを呼び出す

横向き固定したいアプリを起動する

『ホームボタン』をトリプルクリックする

(アクセスガイドが開始する)

再度『ホームボタン』をトリプルクリック

『アクセスガイド用パスコード』を入力する

『オプション』をタップする

『動作』をオフにする

『完了』をタップする

iPhoneを横向きにしてから『再開』をタップ

(横画面で固定される)

 

ひとこと

今回は『iPhone【iOS9】、横画面で固定できないときの対処法』について説明しました。

初めてアクセスガイドを利用するときには事前準備や設定など手順が長いですが、2回目からは該当アプリ起動中にiPhoneを横向きにした後ホームボタンをトリプルクリックすれば完了です。

iOS9にアップデートした方はぜひ試してみてください。

 

LEAVE A REPLY

Return Top