iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone、iCloudに自動バックアップされない時の対処法

Photo:Data Dump By:swanksalot
Photo:Data Dump By swanksalot

 

iPhoneでバックアップを取るには、パソコンにインストールしたiTunesを利用する方法と、
iCloudを利用した方法の2通りあります。

iCloudの場合、パソコンを持っていなくてもWi-Fi環境があればiPhone本体のみで行えます。

また、条件がすべて揃えば自動でバックアップしてくれるというのも非常に便利なところ。

 

ただiCloudへの自動バックアップされる条件をきちんと把握しておかないと、
長い間バックアップできていなかったということにもなりかねません。

ここでは『iPhone、iCloudに自動バックアップされない時の対処法』について説明していきます。

 

 

 

iCloudに自動バックアップされる条件

iCloudに自動でバックアップされるためには、下記の条件が揃っている必要があります。

  • iCloudバックアップがオンになっていること
  • iPhoneが電源に接続されていること
  • iPhoneがロック中(スリープ状態)であること
  • iPhoneがWi-Fi接続されていること
  • iCloudのストレージ(容量)が不足していないこと

 

 

 

iCloudバックアップがオンになっていること

『iCloudバックアップ』がオンになっていないと自動バックアップが行われません。

設定を確認してみましょう。

『設定アプリ』を起動する

『iCloud』をタップする

『バックアップ』をタップする

『iCloudバックアップ』をオンにする

 

 

iPhoneが電源に接続されていること

iPhoneを電源に接続している必要がありますので、ケーブルを接続して充電状態にしましょう。

ちなみに手動でのiCloudバックアップでは電源接続の必要ありません。

 

iPhoneがロック中(スリープ状態)であること

iPhoneがロック状態になっている必要があります。

完全に電源を切っている状態ではバックアップは行われませんので注意してください。

 

iPhoneがWi-Fi接続されていること

Wi-Fiがなければ、自動バックアップは行われません。

自宅にWi-Fi環境がない方は、携帯ショップやカフェなどの無料Wi-Fiスポットエリアで電源に接続して対応しましょう。

 

iCloudのストレージ(容量)が不足していないこと

iCloudにバックアップできるストレージ(容量)は決まっています。

いくらその他の条件が揃っていても、ストレージが不足していたら
バックアップは行われないので注意してください。

なお、無料プランでは5GBの容量が利用できますが、下記手順でアップグレードすることも可能です。

『設定アプリ』を起動する

『iCloud』をタップする

『容量』をタップする

『さらに容量を購入』をタップする

希望プランを選択する

右上の『購入する』をタップする

  • 50GB・・・月額130円
  • 200GB・・・月額400円
  • 1TB・・・月額1300円

(2015年1月現在)

 

また、iCloudのストレージを圧迫する理由として、写真データの大きさが挙げられます。

『Googleフォト』など写真バックアップすることができるアプリを利用して、
iCloudには写真のバックアップを行わないという方法も有効です。

 

ひとこと

今回は『iPhone、iCloudに自動バックアップされない時の対処法』について紹介しました。

iTunesを利用すれば、ほぼ完全な状態で復元できるので安心ですが
パソコン内にデータ保存しているので、万が一パソコンが壊れてしまったときには
iPhoneのデータもろとも無くなってしまうことになります。

iCloudへの自動バックアップも併用することでリスク軽減しておきましょう。

 

LEAVE A REPLY

Return Top