iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhoneのFaceTime(フェイスタイム)とは?

Photo:Barn with face By:Isoflow

FaceTimeとは?

iPhoneのFaceTimeとはiPhone同士でテレビ電話ができるアプリのことです。

FaceTimeはiPhone購入時からインストールされているアプリですぐに使うことができますが、相手の電話番号または登録済みメールアドレスが必要です。

iPhone同士ならテレビ電話が簡単にできるので離れている家族同士でもすぐに顔を見ることができたり、自分が見ている風景を誰かに見せたい時にも手軽に使うことができる便利な機能です。

Photo:Barn with face By Isoflow

スポンサードリンク

FaceTimeを利用する手順

FaceTimeを利用する方法は何通りかあります。

『電話アプリ』を起動する

『連絡先』をタップする

FaceTime相手を選択する

「FaceTime」の文字かビデオカメラアイコンをタップ


もしくは、

『FaceTimeアプリ』を起動する

FaceTime相手の名前や電話番号、メールアドレスで検索する

右側のビデオカメラアイコンをタップする

 

通常の通話中なら・・・

通常の通話をしている最中でも、ビデオカメラとFaceTimeと表示されているアイコンをタップすれば、通常の通話からFaceTimeの通話に切り替えることができます。

このFaceTimeの発信は連絡先から相手を選びますが、iPhoneを使っている人にだけ「FaceTime」の文字とビデオカメラのアイコンが表示されます。Androidのスマホを使用している人や固定電話の電話番号には「FaceTime」は表示されず利用することができません。

FaceTimeの着信を受けた場合は通常の電話着信と同じで画面をスライドさせることで着信を受けることができます。

通常の着信と違うことは、着信を受けた時から相手側の映像が画面に表示されていることです。

スポンサードリンク

FaceTimeを拒否する

もしFaceTimeの着信を拒否したい場合は、着信拒否の設定をします。

『電話アプリ』を起動する

『連絡先』をタップする

拒否したい人を選択する

『この発信者を着信拒否』をタップする

 

この設定でFaceTimeの着信拒否はできますが、通常の着信やメッセージも拒否することになりますので注意して下さい。

 

ひとこと

FaceTimeを利用しても通話料金が掛からないものの通信料金が発生します。

Wi-Fi環境を利用する場合は問題ありませんが、モバイルデータ通信の使いすぎには注意しましょう。

 

ちなみにWi-Fi環境下のみでしかFaceTimeを利用したくないという方でしたら、あらかじめ設定アプリから制限しておくと安心です。

『設定アプリ』を起動する

『モバイルデータ通信』をタップする

『FaceTime』をオフにする

Return Top