iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone、ソフトウェアアップデートができない時の原因&対処法

Photo:Update By:fhwrdh
Photo:Update By fhwrdh

 

バグの解消や新しい機能の実装など、iPhoneを持っている人にとっては欠かせないソフトウェア(iOS)アップデート。

しかしiPhoneでソフトウェアアップデートをしようとしたが、エラーが出て上手くいかなかったという方も多いようです。

そこで今回は『iPhone、ソフトウェアアップデートができない時の原因&対処法』について紹介していきます。

スポンサードリンク

考えられる解決法は?

ソフトウェアアップデートができない時の原因&解決法はいくつかあります。

  • Wi-Fiの通信状態が悪い
  • iPhoneの容量が足りない
  • サーバーが混んでいる

Wi-Fiの通信状態が悪い

ソフトウェアアップデートをする場合、基本的にはWi-Fiを利用する方がほとんどだと思います。

モバイルデータ通信では時間もかかりますし、通信料がものすごく増える場合があるからです。

 

Wi-Fiでアップデートされる場合には、その通信状況によってアップデートできない可能性があります。

Wi-Fiの通信状態を安定させる方法はこちらを参考にして下さい。

Wi-Fi接続が突然できない時の原因&対処法

 

iPhoneの容量が足りない

iPhoneのソフトウェアアップデートを行う際にはiPhoneの空き容量を十分に確保しておく必要があります。

もし空き容量が十分ではない場合ソフトウェアアップデートを行うことができません。

不要なアプリや、写真などを削除して空き容量を十分に作ってあげましょう。

スポンサードリンク

サーバーが混んでいる

注目の機能や、多くの人が待ち望んでいたようなソフトウェアアップデートが実装される際には、一気にアクセスが増える為にサーバーが込み合う可能性があります。

このような場合は、Appleのサーバーの問題ですので私たちにはどうすることもできません。

アクセスできるようになるまで根気強くトライするか、時間を置いてから再度アクセスを試みるようにしましょう。

 

ひとこと

今回は『iPhone、ソフトウェアアップデートができない時の原因&対処法』について説明しました。

もしも上記の方法でうまくいかない場合は、iPhoneの再起動をしてみましょう。

そうすることでソフトウェアアップデートが上手く行く可能性があります。

『電源ボタン』を長押しする

『スライドで電源オフ』の部分を右に向かってスライドさせる

(数秒後にiPhoneの電源が落ちます)

再度『電源ボタン』を長押しする

(Appleロゴ表示後、iPhoneが起動する)

 

LEAVE A REPLY

Return Top