iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone、スクリーンショットができない時の原因&対処法

Photo:white screen By:Mark_K_
Photo:white screen By Mark_K_

 

スクリーンショットという機能は使ったことありますか?

スリープボタンとホームボタンを同時にチョンっと押すことで、iPhoneに表示されている画面を写真として保存できる機能です。

 

簡単に使えて本当に便利な機能なんですが、スクリーンショットがうまくできなくて困った事はないでしょうか?

今回は『iPhone、スクリーンショットができない時の原因&対処法』について紹介していきます。

スポンサードリンク

考えられる解決法は?

スクリーンショットができない時の原因&解決法はいくつかあります。

  • ホームボタン・スリープボタンの物理的故障
  • iPhoneのバージョンの確認

ホームボタン・スリープボタンの物理的故障

もしかしたら、ホームボタンやスリープボタンが使い込みすぎたために物理的に故障しているのかもしれません。

一度それぞれがしっかり動作するかを確認しましょう。

もしどちらかが動作しないようであれば修理に出す必要があります。

 

ホームボタンが故障している場合はスクリーンショット以外の操作にも支障をきたしますが、故障しているのがスリープボタンだけならば別の方法を利用しましょう。

それはアクセシビリティ機能のAssistive Touchを使うことです。この機能を使うことによってスリープボタンが効かない状態でもスクリーンショットを撮る事が可能です。

※AssistiveTouchを利用する方法は、ボタンを同時に押すタイミングが掴めないという方にも有効です。

『設定アプリ』を開く

『一般』をタップする

『アクセシビリティ』をタップする

『AssistiveTouch』をタップする

『AssistiveTouch』をオンにする

すると画面上に灰色のアイコンが出現します。

このアイコンをタップするとメニューが表示されるので、『デバイス』→『その他』→『スクリーンショット』とタップしましょう。

 

※先ほどの『アクセシビリティ』設定画面の最下段にある『ショートカット』で『AssistiveTouch』項目にチェックマークを入れておけば、いつでもホームボタンをトリプルクリックすることによってAssistive Touchを呼び出すことができます。

スポンサードリンク

iPhoneのバージョンの確認

iPhoneのiOSのバージョンは最新のものになっていますか?

もしも古いバージョンであればスクリーンショットが撮れない可能性があります。

『設定』→『一般』→『情報』→『ソフトウェアアップデート』と進み確認してみましょう。

 

ひとこと

今回は『iPhone、スクリーンショットができない時の原因&対処法』について紹介しました。

上記でもうまくいかない場合にはiPhone自体の再起動をおすすめします。

再びスクリーンショットを撮る事が出来るようになるかもしれません。

『電源ボタン』を長押しする

『スライドで電源オフ』の部分を
右に向かってスライドさせる

(数秒後にiPhoneの電源が落ちます)

再度『電源ボタン』を長押しする

(Appleロゴ表示後、iPhoneが起動する)

 

LEAVE A REPLY

Return Top