iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone、ロック画面が解除できない時の原因&対処法

Photo:Lock By:phil dokas
Photo:Lock By phil dokas

 

誤動作防止の為の画面ロックという機能が、iPhoneシリーズの初期からあります。

画面を右にスワイプするだけでそのロック画面が解除されるのですが、私も初めてiPhoneを手にした時はこのロック画面を解除するという動作だけで、感動したものです。

 

しかしそのロック画面が解除できずに困った事はありませんか?

今回は『iPhone、ロック画面が解除できない時の原因&対処法』について紹介していきます。

スポンサードリンク

考えられる解決法は?

ロック画面が解除できない時の原因&解決法はいくつかあります。

  • ズーム機能が影響しているかも
  • 解除パスコードを忘れてしまった

ズーム機能が影響しているかも

ロック画面をスライドしてもなんの反応もない場合には、通知センターやコントロールセンターを表示させてみましょう。

通知センターであれば画面上端から下にスワイプ、コントロールセンターであれば画面下端から上にスワイプ。

もしどちらも表示できない場合には画面自体が故障している可能性が考えられますのでAppleのサポートセンターに連絡した方がよいでしょう。

※ただし、どちらもロック画面からのアクセスを無効にしていた場合、ロック画面で呼び出すことはできません。

 

通知センターもコントロールセンターも表示できたときは、もしかしたらズーム機能が影響している可能性があります。

ロック画面を見てください、画面の一部分が不自然に拡大されていませんか?

もし拡大されていたら三本の指で画面をダブルタップしてください、これでズーム機能が解除され、通常通りロック画面を解除することができるはずです。

スポンサードリンク

解除パスコードを忘れてしまった

最近のiPhoneは指紋認証でロック画面を解除できますので、パスコードを忘れるといったことに繋がりかねません。

もしも解除パスコードを忘れてしまったら、一度同期させたiTunesに接続しましょう。そして復元することによってこの問題は解決できます。

 

しかしパスワードが分からないからといってやみ雲にパスワードを入力するのはやめたほうがいいでしょう。パスワードを11回以上間違うことによって、一度同期させたことあるiTunesに繋げるまではiPhoneを使用することが出来なくなってしまうからです。

またiPhoneの設定で10回パスワードを間違うとiPhone上のすべてのデータを消去するという設定がありますが、これをオンにしている場合には10回間違うとiPhoneは工場出荷状態に戻されてしまいますので、この設定をオンにしている方は特に注意が必要です。

 

ひとこと

今回は『iPhone、ロック画面が解除できない時の原因&対処法』について紹介しました。

画面が一切の操作を受け付けていないと感じた場合は、iPhoneの強制リセットを試してみましょう。

強制リセットを行なうには、『ホームボタン』と『電源(スリープ)ボタン』をiPhoneの画面が暗くなりアップルロゴが表示されるまで、同時に長押しして下さい。(約15秒)

※強制リセットと言っても、パソコンの強制終了のようなものですので、iPhone内のデータがすべて消去されるわけではありません。

 

LEAVE A REPLY

Return Top