iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone、バックアップできない時の原因と対処法

Photo:Save By:Roadsidepictures
Photo:Save By Roadsidepictures

 

大切なiPhoneのデータをバックアップして、もしもの時に備えておきたいというのは誰もが思うことですよね。

私も結構ビビりな方なので、バックアップはこまめにとってあります。

 

しかし様々な事が原因でバックアップができないことがあるようです。

そこで今回は『iPhone、バックアップできない時の原因と対処法』について紹介していきます。

スポンサードリンク

考えられる解決法は?

バックアップできない時の理由&解決法はいくつかあります。

  • iPhone内の空き容量をしっかりと空けておく
  • iTunesが最新のものではないかもしれない

iPhone内の空き容量をしっかりと空けておく

これはiCloud経由でバックアップをする人であれば一度は経験したことがあるかもしれません、空き容量の不足です。

バックアップをするということは今のiPhone内のすべてのデータを移すということです。

当然のことながらそのデータを受ける側に十分な空き容量がなければバックアップすることが出来ません。

 

またiCloudは無料で使える容量が5GBまででそれ以上は有料になってしまします。

5GBなんて写真や動画ですぐになくなってしまうくらいの容量ですよね。

特に出費を気にしない人であればiCloudの容量を有料で上げてしまえばいいのですが、普通は出来るだけ無駄な出費は抑えたいですよね。

 

そんな時はitunes経由でパソコン本体にバックアップしましょう。

最近のパソコンはHDDの容量が1TBなんてのは普通になってきましたので、容量を気にする必要はないでしょう。

スポンサードリンク

iTunesが最新のものではないかもしれない

最新バージョンのiTunesでなければバックアップがうまく出来ないことがあります。

iTunesを使って音楽の入れ替えや様々なデータ管理している人は常に最新バージョンになっているかもしれませんが、普段iTunesを利用することがない方は古いバージョンが入っているかもしれません。

最新バージョンでない場合は、アップグレードする必要があります。

 

iTunesのソフトウェアアップグレードという項目から最新のバージョンにアップグレードすることが可能です。

もしもこれらのことを試してもバックアップがうまくいかない場合には、iphoneを再起動してみましょう。

『電源ボタン』を長押しする

『スライドで電源オフ』の部分を
右に向かってスライドさせる

(数秒後にiPhoneの電源が落ちます)

再度『電源ボタン』を長押しする

(Appleロゴ表示後、iPhoneが起動する)

 

ひとこと

今回は『iPhone、バックアップできない時の原因と対処法』を紹介しました。

いつ壊れたり紛失するかもわからないスマートフォンですので、バックアップはこまめに取っておくことをお勧めします。

 

LEAVE A REPLY

Return Top