iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhone、Airdropできない時の原因&対処法

Photo:Drop By:k1llYRid0ls

Airdropというのはワイヤレスでデータを共有できるようにする機能で、iPhoneからiPadに、iPadからMacにといった風に様々なデータを転送することが可能です。

しかし、そのAirdropが正常に動作しなくなるといった事で困った事はありませんか?

今回は『iPhone、Airdropできない時の原因&対処法』について紹介していきます。

Photo:Drop By k1llYRid0ls

スポンサードリンク

考えられる解決法は?

Airdropできない時の対処法はいくつかあります。

  • Airdropを有効にする手順をチェック
  • Wi-FiとBluetoothの確認
  • 機内モード&おやすみモードの確認
  • インターネット共有設定の確認
  • コントロールセンターでAirDropがタップできない場合

Airdropを有効にする手順をチェック

Airdropを利用するには、それぞれの機器を手動で有効にしないといけません。

iPhone・iPadはコントロールセンターから有効にすることができます。

また、Macの場合にはFinderから有効にできます。

 

設定する際には共有する相手を3通りから選ぶことができます。

オフ・・・・・自分以外の人がデバイスを検出することはできない
連絡先のみ・・連絡先に登録している相手のみ、デバイスを検出することができる
すべての人・・近くにいるすべての人が自分のデバイスを検出することができる

Wi-FiとBluetoothの確認

Airdropを利用する際には、BluetoothとWi-Fiの環境が必要になります

もしもこの二つのどちらかがオフになっている場合にはAirdropを利用することができません。

通常は、自動的にAirdropを利用する時オンになるのですが、たまに切り替わらないことがあるようなので、一度確認してみましょう。

 

機内モード&おやすみモードの確認

機内モードをオンにするとWi-Fi設定が一旦オフになります。

このままではAirdropは利用できませんので、コントロールセンターからWi-Fiをオンに切り替えましょう。

また、おやすみモードがオンになっている場合、Airdropを利用することは出来るのですがアラートを抑制されるのでオフにしたほうがよいでしょう。これもコントロールセンターから設定することが可能です。

 

インターネット共有設定の確認

上記で述べたように、Airdropを利用する際にはWi-Fi接続が必要となりますので、インターネット共有設定でインターネット共有をオフにしておきましょう。

インターネット共有がオンになっている場合にはエラーメッセージが表示されます。

スポンサードリンク

コントロールセンターでAirDropがタップできない場合

コントロールセンターで「AirDrop:受信しない」の文字が白色になっていてタップできない場合は、機能制限が掛かっている可能性があります。
(通常は黒文字)

『設定アプリ』を開く

『一般』をタップする

『機能制限』をタップする

機能制限用パスコードを入力する

『AirDrop』をオンにする

 

ひとこと

今回は『iPhone、Airdropできない時の原因&対処法』について説明しました。

Airdropの機能というのは上級者向けのような気がしますが、しっかりと手順をふんでいけば決して難しいことではありません。

家族と写真や動画を共有したりと、とっても便利で楽しい機能ですので、ぜひみなさんにも使いこなしてほしいものですね。

 

LEAVE A REPLY

Return Top