iPhoneアップ

iPhoneアプリの使い方や情報をお届けします

iPhoneでスクリーンショットができないときの対処法

Photo:My Old camera By:Don Perucho
Photo:My Old camera By Don Perucho

 

iPhoneでは、電源ボタンを押しながらホームボタンを押す(もしくはその逆)と、簡単にスクリーンショットを撮ることができます。

ゲームプレイ中にレアキャラが出現した時や、safariでネット閲覧中に画面を保存しておきたい時など非常に役立ちますよね。

しかし、同時押しをしてもスクリーンショットができないと困っている方も多いようです。

ここでは『iPhoneでスクリーンショットができないときの対処法』について説明していきます。

 

 

 

スクリーンショットができない原因

スクリーンショットが撮れない理由は下記のようにいくつか考えられます。

  • iPhone本体の動作不安定
  • 電源ボタンの不具合
  • ホームボタンの不具合
  • 同時押しのタイミングが合っていない

 

スクリーンショットができないときの対処法

iPhone本体の動作が不安定になっている場合

iPhone本体の動作が不安定になっていることが原因で、スクリーンショットが作動しない可能性があります。

一度、iPhone再起動してみましょう。

『電源ボタン』を長押しする

スライダーを右にスライドする

(数秒後に電源が落ちます)

再度『電源ボタン』を長押しする

(Appleロゴ表示後、iPhoneが起動します)

 

 

 

それ以外の場合

電源ボタンやホームボタンの効きが悪くなっている場合はもちろん修理するべきですが、下記の準備をしておけばこの2つのボタンを利用しないでスクリーンショットを撮ることは可能です。

タイミングが合わずうまくスクリーンショットができない場合も、下記手順で対策することができます。

『設定アプリ』を起動する

『一般』をタップする

『アクセシビリティ』をタップする

『AssistiveTouch』をタップする

『AssistiveTouch』をオンにする

(灰色のアイコンが現れる)

 

これで準備完了です。

スクリーンショットを撮りたい時は下記手順で撮りましょう。

保存したい画面を表示させる

『灰色のアイコン』をタップする

(メニューが表示される)

『デバイス』をタップする

『その他』をタップする

『スクリーンショット』をタップする

(スクリーンショット完了)

 

ひとこと

今回は『iPhoneでスクリーンショットができないときの対処法』について紹介しました。

 

iPhone6/6Plusのユーザーならば「3D Touch」にスクリーンショットを登録しておくと、もっと簡単に撮影することが可能です。

合わせて覚えておきましょう。

(AssistiveTouchの設定画面から)

『最上位メニューをカスタマイズ...』をタップ

『3D Touchのアクション』をタップする

『スクリーンショット』にチェックを入れる

後は灰色のアイコンを強く押しこめば、撮影することができます。

 

LEAVE A REPLY

Return Top